青空が好きです

ヤフーブログから移行しました。

「ちゃんぽん処 凛~Rin~」でランチ

9月24日(土)は、名古屋・東別院にある「ちゃんぽん処 凛~Rin~」でランチしてきました。

9月18日にお伺いしたばかりですが、お気に入りです。

 

この日は、「特製ちゃんぽん」と「炒飯ハーフ」のCセットを注文してみます。

 

「特製ちゃんぽん」

 

「炒飯ハーフ」

お客さんは、男性のみの力仕事をしている感じの方ばかりですが、ボリュームがあるため、納得です。

特製ちゃんぽんを八丁味噌ちゃんぽんに変えている方がいたので、次回は、それにしようかな。

「FUJII」のタパスに行ってきました。

9月24日(土)は、名古屋・新栄にある「FUJII」のタパスに行ってきました。

「FUJII」は、基本、ランチ専門ですが、9月から毎週土曜日のみ、16時からタパス営業を開始しました。この日、ようやくお伺いできました。

通りのシャッターが開けられています。タパス営業は、シャッターを開けるそうです。

 

そもそも、タパスとは・・・調べてみると・・・

タパスとは日本でいうところの「小皿料理」のことだそうです。

そもそもタパスはスペイン語で蓋を意味する「タパ」が語源だとされています。スペインではワインとともに、チーズや生ハムなどの軽食をとる文化があるそうで、そのとき、お酒に虫やホコリなどが入らないように、これらの軽食をグラスにかぶせて蓋をしていました。そのスタイルが浸透し、ワインやお酒を飲むときに食べる料理をタパの複数形、つまり「タパス」と呼ぶようになったとされています。

タパスは「乾き物」「冷菜」「温菜」の3つに大きく分けられます。

乾き物としては生ハム・チーズ・オリーブなどが代表的です。しっかりと味の濃いメニューが多い傾向にあります。冷菜のタパスはポテトサラダ・マリネ・ピクルスなどが主流だそうです。温菜としてはアヒージョや魚介のフリットなどの種類があります。これら3つのジャンルをバランス良く食べることが基本的な本場のスタイルだそうです。

 

そこで、本日の「FUJII」のタパスは、以下の3種類です。

1種類目

 

ワインとともに

 

2種類目 コンソメスープ

 

3種類目

 

パン生地の中に、濃厚な中身が・・・

 

誠に美味しくいただきました。

藤井シェフの料理は、ほんと美味しく魅了されてしまいます。

「シャンパーニュの会」に参加してきました。

9月24日(土)は、「覚王山ワインサロン」にて、「シャンパーニュの会」が開催されたので、参加してきました。

まずは、シャンパーニュの製法等を勉強します。

今回のシャンパーニュの飲み比べの目的は、マロラクティック発酵を行っているか否かの違いで、以下の5種類を楽しみました。

 

詳細は、左から以下のとおり

①Gosset Extra Brut

 生産者/ゴッセ

 品種/シャルドネ32%、ピノ・ノワール45%、ピノ・ムニエ23%

 100%のマロラクティック発酵。36ヶ月の熟成

②Gosset Grande Rwserve

 生産者/ゴッセ

 品種/ピノ・ノワールシャルドネピノ・ムニエ

 マロラクティック発酵は行ってない。48~60ヶ月の瓶内熟成

③Grand Cru Ambonnay Cuvee Tradition Brut

 生産者/アンリ・ビリオ

 品種/ピノ・ノワール75%、シャルドネ25%

 マロラクティック発酵は行ってない。

 ヴァン・ド・レゼルヴを50%と多めに用いるのが特徴

④Grand Cru Ambonnay Cuvee des Crayeres

 生産者/エリック・ロデス

 品種/ピノ・ノワール60%、シャルドネ40%

 全体の15%のマロラクティック発酵。瓶熟成48%、ドサージュ3.5g/l

⑤詳細不明

 

全て美味しいのですが、マロラクティック発酵を行っているか否かの違いは、難しかったです。

「ホームパーティー」に参加してきました。

9月23日(祝)は、とある方のお宅でホームパーティーが開催されたので、参加してきました。

ホームパーティーというか、飲み物は、参加者が持参する食事&飲み会でしょうか?

 

相変わらず、Sさんの手料理は、きれいで華やかですね。また、美味しいです。

 

この日も、誠に美味しくいただきました。また、よく飲みました。

ご馳走さまでした。

「一位」に行ってきました。

9月22日(木)は、名古屋・伏見にある「一位」に行ってきました。

コロナ感染拡大もあり、6月に訪問して以来のお伺いです。

その間、一位では、厨房のダブルTさんが、辞めるという事態となり、

コロナ感染拡大もあり、ほんと心配していましたが、本日も満席でした。

厨房は、相変わらず忙しいですね。

こんな中、私は、常連さん専用のワンプレートをいただきます。

嬉しいですね。

 

ところで、一位のお客さんの入りは安定しているのですが、客層は大きく変化しています。常連さんが年配の方が多いので、このコロナでお伺いを控えているようです。

仕方ないですね。

さて、一位は、この10月22日に14周年を迎えます。

これからも応援していきます。

「日本酒の楽しみ方」講座に参加してきました。

9月21日(水)は、朝日カルチャーセンターにて「日本酒の楽しみ方」講座が開催されたので、参加してきました。講師は、丸尾先生です。

今回のテーマは、「なぜ秋のお酒が美味しいのでしょうか?」です。

 

秋に出荷される酒、「ひやおろし・秋あがり」について、講義を受けます。

 

ひやおろし」とは、江戸の昔、冬にしぼられた新酒が劣化しないように春先に火入れ(加熱殺菌)した上で大桶に常温で貯蔵し、ひと夏を越して外気と貯蔵庫の中の温度が同じくらいになった頃、2度目の加熱殺菌をしない「冷や」のまま、大桶から樽に「卸(おろ)して」出荷したことからこう呼ばれる。

秋の酒として珍重されてきた。春の新酒に比べて旨味がのっている。

等々・・・

 

丸尾先生の知識をお酒を飲みながら勉強します。

 

今回も、勉強になりました。

「手打ちそば大石」でランチ

9月21日(水)は、「手打ちそば大石」でランチしてきました。

 

かき揚げ丼ランチを注文します。

 

蕎麦は大盛りにしてみました。

 

かき揚げ丼もボリュームあります。

 

お腹いっぱいです。